東海住宅の家造りの評判と「いま」がわかるサイト

HOME » 東海住宅の気になるウワサ【建築知識編】 » 東海住宅の家造り提案のいま

東海住宅の家造り提案のいま

東海住宅の家造り提案はどのように行われているのか、現状を調べてみました。

東海住宅の家造り提案の取り組みは?

いまの東海住宅が掲げる住まい提案のキーワードは「納得・共感」。予算はもちろん、施主やご家族の希望を丁寧にヒアリングして、納得や共感が得られる提案をすることを意識しているようです。

施主の希望をただ取り入れるだけでなく、プロフェッショナルとしてのアドバイスを明確に示す。また、提案を押しつけるのでなく、十分に話し合って、最適な解決方法を見つける。こういった率直な意見交換を経て、納得や共感に至ることが家づくりに大切だと考えているように感じます。

建築業と不動産仲介業のノウハウを併せたコンサルティング

東海住宅は建築業だけでなく、不動産仲介業も多角的に展開する企業。そのため、家づくりや設備といった建築知識だけでなく、地域の物件情報を含めたトータルコンサルティングにも長けています。

土地選びの段階から提案してもらえるので、より充実したコンサルティングを受けることができるのではないでしょうか。

無理をさせない、予算重視の住宅提案

東海住宅の住宅提案に対するこだわりのひとつが、総額費用を予算内に収めた提案をする点にあると思います。

住まい造りは、設備をひとつ増やしただけでも、10万円ほどはすぐに費用が増えてしまいます。デザイン性を追求するだけでなく、10年後、20年後のことを頭に入れながらコストの計算をしなければなりません。

ここまで含めて、予算内での家づくりを実現すること。これが東海住宅の家づくりのモットーであり、「建ててよかった」と思える家づくりの重要なポイントになっているといえそうです。

無理な売り込みをしない

東海住宅は「無理な売り込みをしない」ことにもこだわっているとのこと。あくまで現実的な提案を意識し、無理がある購入計画を勧めたり、とにかく契約を取るような営業をしないように心がけているそうです。