東海住宅の家造りの評判と「いま」がわかるサイト

HOME » 東海住宅の特徴を調査 » 3タイプの注文住宅

3タイプの注文住宅

東海住宅が手がける注文住宅の3つのスタイル、アジアンモダン・シンプルモダン・ナチュラルモダンについて解説しています。

東海住宅の注文住宅のデザインをチェック

東海住宅が提案する注文住宅は、主にアジアンモダン、シンプルモダン、そしてナチュラルモダンという3つのスタイルをベースとしてデザインされているようです。現在の注文住宅の主流となっているこれらのスタイルがどんなものなのか、まとめてみました。

アジアンモダン

リゾートとして人気のバリ島やタイ、ベトナム。こういったリゾートのテイストを取り込んだモダン感が「アジアンモダン」と呼ばれるもの。

アジアンリゾートの建物が、心地よく落ち着くと感じるのは、実は明るさによる部分が大きいそうです。日差しの強い国では、屋内は間接照明を使い、穏やかな明るさにするのだとか。ギラギラしない感じが落ち着くのでしょうね。

アジアンモダンの注文住宅にも、これが応用されているようです。インテリアや床材などにも、現地のモチーフが取り入れられています。

東海住宅の注文住宅

シンプルモダン

白と黒を基調としたシンプルなモダンスタイルを指します。

色の数を最小限に抑え、直線的なデザインを施すことで、シャープで都会的なイメージを受けるのがシンプルモダンの特徴。

無彩色ならではの光沢を活かすことができるので、誰が見ても「かっこいい!」と思えるようなデザインが可能なのは、シンプルモダンです。

東海住宅の注文住宅

ナチュラルモダン

ナチュラルな木目を活かしたデザインが、ナチュラルモダン。自然の素材の風合いをそのまま活かしているので、やわらかさ、優しさを感じさせてくれます。

北欧風の無垢材を使った家具などを使っており、統一感のあるカラーリングがインテリアの質をさらに引き立てます。

チェリー、メイプル、オーク、ウォルナットなど、選ぶ材によって明るさや重厚さなど、好みのテイストを演出することができます。

東海住宅の注文住宅