東海住宅の家造りの評判と「いま」がわかるサイト

HOME » 東海住宅の特徴を調査 » 土地探しからアフターサービスまで一貫対応

土地探しからアフターサービスまで一貫対応

東海住宅の一戸建て購入にはどんなメリットがあるのかをまとめています。

土地探しからサポートまで一貫対応の東海住宅

東海住宅は注文住宅から仲介、リフォーム、投資まで、多角的な事業を展開してる住宅会社。その強みを活かして、土地探しからアフターサポートまで、すべて社内で行える体勢を整えています。

ここでは、それぞれの工程について、東海住宅ならではのポイントを解説していきます。

土地探しから依頼できる

注文住宅を建てる場合に、最初の大きな難関となるのが土地の問題です。土地を持っていない施主は、まず土地探しから行ってくれる不動産会社を探す必要があります。東海住宅はその一つです。

東海住宅は、土地探しのノウハウが豊富な上に、未公開物件の情報を豊富に持っているとのこと。そのため、土地価格を含めた費用の提案をしてもらえるメリットがあります。

地震に強く長持ちする家を建ててもらえる

東海住宅は、地震対策も万全に行っているようです。地盤調査や基礎はもちろんのこと、変形しにくいエンジニアリングウッドや、強度の高いヒノキを使った土台、地震でも床がねじれにくい「剛床施工」などの工法を採用しています。

また、床下の空間を十分にとり、その空間をしっかりと換気する「全周換気」によって、換気性能の高い家にできるのも特徴。壁の中の結露を防ぐ通気工法や、屋根から湿気を追い出す「棟換気システム」など、湿気による住宅の劣化をしっかりと防ぎます。

健康や安全への配慮

東海住宅が使用する材料は、シックハウス症候群を防ぐ安全なもの。最も等級の高い四つ星等級のものを使っているそうです。24時間換気システムとの相乗効果で、家の中がきれいな空気で満ちている家づくりが可能です。

また、床の段差がなく、階段や玄関、トイレの手すりも完備。バリアフリー設計も十分です。

キッチンやバス、トイレなどの設備は、YAMAHAやTAKARA、LIXILなどの一流メーカーのものを標準で採用。機能性が高く、美しいものが選ばれているので、実際に住んでみると満足感があると思います。

厳密な施工管理でこだわりの家造りを

東海住宅の家造りでは、下請けの会社を使わないそうです。すべて自社の職人の手で、目の行き届く工事が行われているので、施工管理には安心感があります。

職人の報酬をカットしてコストを下げるのではなく、きちんとした報酬を支払い、誇りを持って仕事をしてもらうようにしているのだそう。一生の住まいを建ててもらうのですから、こういったこだわりも大切ですね。

アフターサポートも重視

東海住宅では、アフターサポートも家造りにおける最重要な要素の一つと考えているそうです。建物が完成したところで家づくりが終わるのではなく、「5年越しで真の完成に導く」というのが東海住宅のポリシー。

実際に、3か月と、1年ごとの定期点検を実施しています。床下点検ロボットを使って、人の目では確認しにくい床下のサポートまで行ってくれます。

このように、土地探しからアフターサポートまで、気配りとこだわりが行き届いているのが東海住宅の優れたところ。最後まで安心して住める家づくりの可能な住宅会社だと思います。