東海住宅の家造りの評判と「いま」がわかるサイト

HOME » 東海住宅の特徴を調査 » 綿密な住まいのコンサルティング

綿密な住まいのコンサルティング

東海住宅が提供する、住まいについてのトータルコンサルティングについてまとめています。

納得・共感を重視した東海住宅のトータルコンサルティング

東海住宅の家づくりについて調査を進めていて強く感じたのは、家づくりに対する高い意識とこだわり。予算の中で納得のいく提案をし、何十年経っても住みやすい家づくりをすること。ここにポリシーを置いているように感じます。

丁寧なヒアリングとプロフェッショナルな提案

東海住宅の注文住宅がもっとも大切にしているのは、施主や家族の希望を丁寧にヒアリングすること。施主の意見を大切にすることが第一だと考えているようです。

一方で、その意見を最大限取り入れつつ、メリットとデメリットを正確に示した上でのコンサルティングをモットーとしているのが、東海住宅のこだわりが表れているところだと思います。

施主の希望を十分に取り入れつつ、長年快適に住めるように、的確なアドバイスをすることが「住んでよかった」という実感につながるのだと考えているようです。

施主が納得いくまで、2時間も議論を交わすことがあるのだとか。費用を予算内に収めつつ、夢をできるかぎり叶え、住みやすい家づくりをする。そんなポリシーがあるからこそ、納得や共感の選られる家づくりができるのだと思います。

不動産仲介業と建設業のノウハウを併せ持つ東海住宅

住まいづくりには、その家の将来の価値まで想定しなければなりません。新築住宅も、一度入居してしまえば中古住宅になるのです。

将来売却するときのことを考えれば、不動産の流通に関するノウハウが必要になります。それだけでなく、仲介業者としても建築に関する知識やノウハウが必要です。建築物の耐久性などは、物件の価値に直結するからです。

将来のことまでトータルコンサルティングができるのは、不動産仲介業と建設業の両方を展開している東海住宅ならでは。最適な提案が期待できる住宅会社のひとつだと言えます。